靴下のhacu

はく さんかく しかく

2月2015

2015.02.28(土)

今日もhacu。~スタッフ野村~

no gomu テンセル

私、これ好きなのです。
no gomuシリーズは、履き口にゴムがないし、どれも気持ち良くって迷うのですが…。
テンセルの原料は、ユーカリなどの木質パルプ。優しい繊維なのです。
季節関係なくずっと履けるし、シンプルで柔らかくて、
ちゅるんとしていてフィットしていて、スカートでもパンツでも合いますよ。
長さはジャスト丈!薄手で靴が履きやすいのでオススメです。

スタッフ:野村

!cid_1826E165-EAF6-43C9-BDD2-4AF2DF7B2D44

:::::
スタッフ野村には hacuのモデルをしてもらっています。華奢な彼女はなんでも似合うのですが
足の甲が薄いという悩みがあるようです。
そんな華奢な足の方にも おススメなのが このno gomuシリーズ。
軽い履き心地で足にフィットします。

テンセルというカタカナの素材は一見 化繊?と思われがちですが
野村が書いたように原料は樹木からとれたものなのです。
少し光沢があり 手触りなめらかでここちよく履いていただけます。
この靴下は どんな年齢の方にもとてもおススメなのです。

スタッフ野村おススメのno gomu テンセル」はこちらから!

 

2015.02.27(金)

キノオト展、いよいよ明日から

hacu実店舗にて明日2/28(土)から3/8まで
うだまさしさんの作品が並びます。
3/4(水)は定休日のためお休みとなります。

11時~16時ごろまでの営業となります。

是非ご来店ください!

2015.02.20(金)

うだ まさし キノオト展 at hacu 実店舗

いよいよ2/28(土)からhacu実店舗ではじまります
うだ まさし キノオト展。
来週にはうださんからたくさんの作品が届くのでわたしも楽しみで仕方ありません!

うださんの作品に初めて出会ったのは昨年参加させていただいたイベントです。
オーナーさんに無理をいいイベント終了後スプーンを買わせていただきました。
なんとも愛らしい匙の形に大人でも虜になる魅力を感じました。

個展開催の気持ちをあたためつつ月日は流れ、やはり!と思った時
わたしはうださんに会いにいっていました。


初めてお会いするうださんはこう言ったら失礼かもしれませんが、かわいらしい方で
作られる作品にぴったりなイメージ。その事をお伝えすると

いや、実はそんな事はないんですよ~お腹のなかは、、(笑)とおっしゃってました(笑)

イベントのタイトルを考えていたとき、ふっとうださんの作品は♩(音譜)みたいだなぁと
思ったことから『キノオト(音)』としました。
匙の形が少し首を傾げているので音符に見えた、ということもありますが、
初めてうださんの作品に触れたときわたしの右上上空あたりには見えない『♩』マークが吹き出しでついていたと思います。

そしてこの個展でみなさんの右上上空にもきっと『♩』が浮かび上がる光景を想像しつつ、、
是非お気に入りの『♩』を見つけにきてくださいね。

初日28(土)はhacu実店舗のアトリエにて 予約制(満席になりました)での
「5本指のジャムナイフ作り」のワークショップも開催します。
ワークショップの開催時間帯はむずかしいですが うださんご本人とお話しできると思いますので
是非ご来店くださいね。

 

「うだ まさし キノオト展」
at hacu 実店舗(レッグニット中村3F)

2015.2.28(土)-3.8(日)
※3.4(水)はお休み
11-16時

udamasashi

udamasashiura

2015.02.20(金)

シルクスクリーン印刷で靴下をつくる!vol.3

このコラムでは シルクスクリーン印刷の靴下が出来るまでを追跡し紹介していきます。
(vol.1)では シルクスクリーン印刷の靴下を一緒に作ってくださる
小島日和(以降ひよりさんとお呼びします)さんとの出会いや ひよりさんのテキスタイル作品
「てりはえる」のお話、第1回目の打ち合わせの内容を記しています。
(vol.2)では 靴下にプリントする具体的なイメージ決めの打ち合わせの様子を記しています。

大学の工房へお邪魔してきました

hacuから 車で20分~25分くらいの場所(北名古屋市)に ひよりさんが通ってみえる
名古屋芸術大学があります。
今日はひよりさんの大学の工房へお邪魔して サンプル刷りを見学させていただく予定です。
卒業制作終わりました!と満面の笑みで出迎えてくれたひよりさん。

大学の工房まで案内していただき 早速作業を見学。

1

工房に入ると大きな作業机が並び 奥には染物をするためのコンロやステンレスの鍋?が
横一列にずらりと乾かしてありました。
私がやってくるまでに ひよりさんが何パターンかサンプルを刷っていてくれたので
それを見ながら 色の調整や版の配置の希望を伝えていきます。
↑メモをとるひよりさん。

2

シルクスクリーンの版はこの透明な特殊なフィルム?のようなもので
透かして見てみるとうっすら柄が。
このプチプチの柄の部分に穴が空いていてこの穴から染料を
生地に刷り込むのです。

3

染料は 特殊な糊状の溶液と混ぜあわされていました。

さあ いよいよ染料をのせていきましょう

4

工房の作業台の天板には特殊な糊が塗ってあり
生地を置くと引っ付いて作業していてもずれないようになっているのです。
靴下に紙をかませ、版を固定してから色を乗せていきます。

5

まずは黄色を・・

少しずつ丁寧に染料を押し滑らせ 生地に写し取っていきます。
6
版を取ると まずは1版の出来上がり。

ほどよく乾いた頃に2版の準備。
7

8

グリーンが重なりました。
もうこれだけでもきれいです。

9

3版 空のブルーをのせましょう。

10

この作業を何度か繰り返し小さな靴下に春の景色が浮かび上がりました。
色をのせたすぐは色が濃いのですが 定着すると少し淡くなります。

黄色、緑、青
この3色の重なりで菜の花畑を思い浮かべていただけたらうれしいです。
柔らかな春の風景を思い浮かべつつ、みなさんが足元から
春を感じていただけるようにと願いながら
ひよりさんの作業は今日も丁寧に進むのでした。

撮影・文:中村

次回は もうひとつの日本の春の風景を靴下に写し取ります・・
つづく。

 

2015.02.19(木)

商品詳細ページの表示遅延改善のお知らせ

いつもhacuをご利用頂きまして誠に有難う御座います。

先日より複数の商品詳細ページの表示速度が異常に遅く、中にはエラーが発生しページを適切にアクセスして頂けない状態が発生しておりました。
この件で多数お問い合わせも頂いており、折角アクセス頂いたのにも関わらず、ご迷惑をお掛けしている状態が続いておりましたが、本日原因が判明し、改善に至りましたことを告知させて頂きます。

原因としましては、PCからのサイトアクセス時、商品詳細ページの下部に「この商品と一緒に購入されている商品」というコンテンツを表示しておりましたが、昨年9月のリニューアルから時間が経過し、一緒に購入されている商品のデータベース情報が多大となり、その情報を取り出す処理に負荷が発生していたことが原因でした。

もしこのコンテンツが便利だと感じて頂いていたお客様には大変申し訳無いのですが、それよりもスムーズにご閲覧頂けることを第一に優先し、このコンテンツの表示を一旦停止する事となりました。

これまでにご不便を感じておられましたお客様には、心よりお詫び申し上げます。
またサイトにアクセス頂き、未だに改善を感じられないお客様がお見えでしたら、大変お手数ではありますがお問い合わせページよりご連絡頂けますと幸いです。

今後はより快適にhacuの靴下をお楽しみ頂けるよう努めて参りますので、今後とも当店を宜しくお願い致します。

hacuスタッフ一同

2015.02.19(木)

今日もhacu。~スタッフ辻村~

杢カラー太リブソックス

hacuを履いた日

私がhacuの靴下と出会ってからずっと変わらず愛している一足。
杢カラー太リブソックス!
内職をしていた頃 初めてhacuの靴下を見た時衝撃を受けました。どれもすごくかわいくて見たこともないような靴下ばかり。
どこで最初に買わせて頂いたのが太リブソックスでした。
履いた瞬間なんじゃこりゃ~!って履き心地で、子供にも旦那さんにも
わかって欲しくて履いてみて~って感じでした笑
それからは毎日のように履いてつま先に穴が空いても縫って履くくらい
大好きになっていました^^;

今まで買っていた靴下より少し良いお値段だな~と思っていたけれど
もう戻れません!
私のような出会いをたくさんのお客様にしてほしい!と願っております。

スタッフ:辻村

image1

:::::
辻村はhacuのスタッフになる前は 内職をしてくれていました。
靴下をたたんだり加工したりする仕事です。
内職の資材函には時々 辻村が書いてくれた手紙が忍ばせてあり
内容は hacuの靴下が好きであることや オーダー表だったり。(笑

当時一人でほぼすべての業務をしていたので その小さな手紙の
やりとりはわたしのこころの励みになっていました。
そして 子供さんが小学校にあがったら手伝いにきてね、ともずっと言っていました。
懐かしく当時を思い出した辻村の「今日もhacu。」
(こそばゆくなるくらい)辻村絶賛の「杢カラー太リブソックス」は こちらから!

「太リブ」はhacuの顔でもあるので みなさんもすでにご存じの方が多いでしょうか!

スタッフが気に入ってくれる製品をずっと作っていくということ。
それもわたしの大事にしていることのひとつです。

2015.02.16(月)

2月の出展イベントのお知らせ②

10409253_919098181448610_6092580778712673307_n

いよいよ今週末!
2/20(金)~22(日)は 布博へ!

靴下パーラーにて hacuの靴下も並びます~
今回はレディースソックスに加え 新作のベビーソックスもご覧いただけます。
布博・hacuの紹介ページはこちら

まだまだ寒いこの時期から春先まで履ける靴下たちをラインナップしてみました。
是非手に取ってご覧ください◎

 

2015.02.13(金)

新商品入荷しました!

今日は朝から雪がちらちらと。。
そんな寒い冬の日ですが hacuの春の新商品の第1弾をUPしました。
以下の7アイテムとなります。
是非ご覧ください!

hacu cotton STRIPE

2
コットンの気持ち良い糸で編んだストライプのソックスです。

 

score socks

7
楽譜のようなラインのソックス。短め丈となっています

 

no gomu vivid

12
人気のゴムなしシリーズに新色登場です。
前回人気だったブルーが復活しました。

 

kasanete hacu 3

27
重ね履きソックスの3枚目のシルク先丸靴下に新色が登場です!
大変お待たせしました!

 

kasanete hacu 3 ショート丈

26
ショート丈の重ね履き3枚目に新色が仲間入りしました。

 

ベビーヘリンボーンロング

21
コットンの糸で編んだヘリンボーン柄のハイソックスです。凹凸がかわいく
色合いも絶妙です!

 

ベビーヘリンボーンロング(シルク)

16
なんとシルクの糸であんだヘリンボーンソックス!白い部分がシルクです。
肌にあたる内側にふんだんに使用しています。肌触りも◎

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

hacuの読み物コンテンツ
ハクコラム に記事をUPしています。

□連載シリーズ
シルクスクリーンで靴下を作る!vol.1
シルクスクリーンで靴下を作る!vol.2

□hacuスタッフのお気に入りの一足を紹介するシリーズ
「今日もhacu。」スタッフ眞野

2015.02.12(木)

シルクスクリーン印刷で靴下をつくる!vol.2

このコラムでは シルクスクリーン印刷の靴下が出来るまでを追跡し紹介しています。
ひとつ前(vol.1)では シルクスクリーン印刷の靴下を一緒に作ってくださる
小島日和(以降ひよりさんとお呼びします)さんとの出会いや ひよりさんのテキスタイル作品
「てりはえる」のお話、第1回目の打ち合わせの内容を記しています。

2回目の打ち合わせ

ひよりさんは芸大の学生さん(この3月に卒業されます)ですので
ここ数日は卒業制作に打ち込む日々だったとか。
でももう大方終わったので!と晴れやかなお顔で2回目の打ち合わせに来てくださいました。

さて今日はお互いLINEでも打ち合わせを進めていた ロゴの打ち合わせと
靴下に写しこむデザインの大まかな配置について話合いました。
ロゴは hacu×terihaeruの文字を鉛筆や筆で何通りも書いてくださったものの中から
雰囲気に合いそうなものを一つに絞りました。

手書きの温かさを感じる素敵なロゴに決定しました。(どんなものになったのかはお楽しみに!)

シルクスクリーン印刷では筆のかすれた感じも忠実にうつしとることができるそう。
絶妙なかすれや濃淡がうまく出るといいですが!
1

春の風景を

今回わたしたちが思い描いた春の風景は
「桜」
「菜の花」です。

桜は 川にそって立ち並ぶ桜並木をイメージ。
ひよりさんの感性とわたしのイメージを
うまく調和させて 桜前線のようなうねりをプラスしていく予定です。

そして 菜の花は 大きな青い空をバックに どこまでも続く黄色の
花畑をイメージしています。

さて、どんな景色が靴下に写しとられるでしょうか。

2

立春を過ぎたとはいえ まだまだ寒さはこれからが本番。
ふと窓に目をやると 外では雪が舞っていました。
明日は仲間と卒業旅行に行くんです!
雪大丈夫かなぁ。でも愉しみ!とひよりさん。

打ち合わせの部屋のテーブルには一足早く春の景色が広がって
次回お会いする予定を確認し 2回目の打ち合わせを終えたのでした。

 

次回へつづく。。

※次回はひよりさんの大学のアトリエにお邪魔してサンプル刷り!
わくわく楽しみです◎
たくさん写真を撮ってきます!

2015.02.12(木)

今日もhacu。 ~スタッフ眞野~

no gomu vivid

わたしのすきな靴下はno gomu vividです。
今までの歴代のカラー、ピンクやブルー、レッドもとても好きな靴下でした。
服ではなかなか着こなせない色も靴下なら取り入れやすく、
ツルッとした生地感も大人っぽく、コーディネートから浮かない気がします。
重ねばき4枚目にも履けるほど伸びも良いです。

新色がいちばん楽しみなのは、スタッフのわたしかもしれません。
もうすぐ入荷予定の新色もとても楽しみにしています。

スタッフ:眞野

スタッフ眞野の「今日もhacu(履く)」。いかがでしたでしょうか?
眞野イチオシ!のno gomu vividはこちらから

!cid_EFC0953C-C2BB-47C7-8256-3AD298EBD6E2

1 / 212
Copyrights (C) レッグニット中村 All rights reserved.