靴下のhacu

ハクコラム

2018.07.19(木)夏のおすすめ! 赤丸薄荷オイル①

夏は暑いもの、と思っておりますが なんでしょう、この異常な暑さ。
昨日は岐阜の多治見や美濃では気温が40度を超えました。
7月にして40度超えというのは なんと14年ぶりだそうです。
そして体温を超えるくらいの暑さがまだ来週まで続くそうです・・
水分・塩分・栄養、そして睡眠をしっかりとって
無理せず夏を乗り切りたいものです。

そんな暑い季節に まさに取り入れてみては?と
おススメなもの、今私がハマっているのが
「薄荷オイル」です。

hacuの実店舗でもお取扱いをしている 「赤丸薄荷オイル」は
北海道紋別郡滝上町で※りんねしゃが自社の農場で栽培した
原種に近い赤丸薄荷を水蒸気蒸留して抽出したエッセンシャルオイルです。
精製を一切行わないため香り、清涼感も自然のままで柔らかく丸みのある
香りが特長です。
北海道の滝上町では 薄荷を農業生産として栽培をしていて
その量は国内生産の95%を占めているそうです。


↑滝上にあるりんねしゃの自社農場

 

ところで 今まで恥ずかしながら 薄荷とミントの区別がよくわかっていませんでした。
薄荷には日本古来の和種と西洋ミントと総称される(スペアミントやペパーミント)があり、
その和種の中でもこのエッセンシャルオイルに使用している赤丸薄荷(あかまるはっか)は
とても希少なものなんだそうです。
和種薄荷の清涼感のある香りの有効成分(Lメントール)は
洋種から作られた薄荷オイルの2.5倍含まれているそうです。

最近は 輸入薄荷や合成薄荷の登場により 和種の出荷量が
減っているということですが日本で昔からあるものが
わたしたちの体にあわない訳がありません。
むしろどんどん使っていきたいし みなさんにももっと知って欲しいもののひとつです。

滝上の自然が生んだ安全・安心の滝上薄荷は
徐々に見直され注目を集めているそうです。
是非わたしたちも その香りをたのしみ生活に取り入れ生かしていきたいものです。

薄荷オイルの使い方はこちら

 

※りんねしゃ
食や環境、暮らしの安全や安心と向き合い、
無添加食品・有機農畜産物・天然生活雑貨を製造、販売されています
hacuの実店舗でも菊花せんこうや食品などを扱わせていただいています
http://www.rinnesha.com/index.html

 

Copyrights (C) レッグニット中村 All rights reserved.