靴下のhacu

はく さんかく しかく

2020.03.19(木)

一宮アトリエより。松田紗和さんのマクラメレースのポイントレッスンWSを開催します

アトリエにてお取扱いをさせて頂くようになってから

多くの方に興味を持っていただくようになった

松田紗和さんのマクラメレースのアクセサリー。

とても緻密で繊細な作品ばかりで、みなさん興味深くご覧になられます。

 

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが

松田さんはこれまでにマクラメレースの本を2冊手がけられておられます。

 

「マクラメレースのアクセサリー」

 

「マクラメレース結びのデザイン」

今回はこの2冊の著書の中から

 

お好きな作品を制作できるワークショップを開催します。

 

 

 

 

今回のワークショップは参加者の方が一斉に同じものを作り

完成させる、というものではなく 疑問点解消のための「ポイントレッスン」というスタイルです。

 

まずは最初の30分間で疑問点のご質問やアドバイスを個別に聞いていただき

 

あとはフリーで時間まで作品作りをしていただくスタイルです。

 

 基本的には上記2冊の本、もしくはどちらかの本をお持ちの方が対象なのですが

 

もちろん、お持ちでない方もご参加いただけます。

 

 

 

【本を持ってみえる方】

 

本の中の作品の不明点、

 

作りかけの作品の疑問点などのレクチャーをいたします

 

また、本を読んだけど何から始めたらいいか分からないといったご相談なども

していただけます。

 

【本を持っていない方】

 

まずは、本を購入していただきます。

本は この週末より アトリエにてにて販売をさせていただきます。

(※当方で販売できる冊数が限られていますため ご希望の方は

お取り置きさせていただきます)

 

習得したい技術や作りたい作品を決めていただき レクチャーいたします

 

 

 

「やってみたけど、ここがうまくいかなかった」

 

「本は買ったけど、何からやったらいいかわからない」

 

などなど、

松田さんに直接レクチャーしていただける貴重な機会となります。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

 

 

募集要項は下記の通りです。

 

日 時:4月5日(日)

場所:一宮市栄4-5-11 2F hacuATELIER2C

お一人の時間枠:2時間〜2.5時間とし下記の時間帯でご予約を受け付けます

 

①13:00〜15:30 2名

 

②13:30〜16:00 2名

 

③14:00〜16:30 2名

 

参加費:4000円(材料費込 書籍代含まず)

 

持ち物:上記の本・マクラメボード・マクラメピン・はさみ・かぎ針・作りかけの作品(あれば)

 

※マクラメボードは、基本的にご持参ください。お持ちでない場合は、ご予約時にお知らせください。

 

 

 

≪注意事項≫

 

・著書で使った基本的な材料を用意いたしますが、

 量、種類に限りがありますので不測の場合はご了承くださいませ。

・糸については基本的に、鴨川#18 か、たこ糸♯10を使ってのレッスンになります。

 

・ヒントやポイントをお教えする場と考えてください。

 

・マクラメボードは、基本的にご持参ください。 お持ちでない場合は、ご予約時にお知らせください。

 

 

 

ご予約・問い合わせは…

インスタグラムダイレクト、もしくは

 

メール:hacusan@gmail.com

 

 

 

タイトルを「マクラメレースレッスン」とし、

お名前、携帯番号と下記の内容をお伝えください。

 

・ご希望の時間帯①〜③

 

・本とマクラメボードの有無

 

・希望糸をお知らせください

 a/ダルマ鴨川#18(レース糸)or b/タコ糸#10

 

・作りたいものが決まっていればその内容

 

予約開始は 3月20日夜20時〜とさせていただきます

2020.03.12(木)

春の靴下展のご案内

うららかな春の到来も間近、通常ならウキウキうれしくなる季節ですが
不安な日々が続きますね・・

大変な状況の中ですが 各地で靴下展を開催していただいています。

是非お出かけください!とはなかなか言いにくいですが
足元だけでも軽やかな気持ちになるような靴下をとり揃えております、
どうぞ宜しくお願いいたします。

◎2/28~3/29 熊本YARD「hacu展」

 
◎3/1~3/25  仙台BLUEGATE「hacuの靴下展」


 

◎3/18-28 岡山リョク「soso+靴下のhacu」

◎3/20~25 東京荻窪artstellas器物店「 hacu 春のくつした展」

上記のイベントではいち早く新作を並べていただきます。
日々のささやかな愉しみとしていただけたら幸いです。

 

 

2020.03.03(火)

新型コロナウイルスの影響について

うららかな春の日差しも垣間見れるこの時期に
穏やかではないニュースが世間を騒がせています・・
hacuを支えてくれている 職人さんもご高齢の方が多く何かと心配は尽きませんが
春の新作発表を前に急ピッチで生産をしていただいています。
また hacuの受注スタッフもまだ小学生・中学生のお子さんをお持ちの方がほとんどです。
この件を考慮し、下記のようにお客様にお知らせをさせていただきます。
オンラインショップは 休みなくご注文を受付ておりますが
暫くの間は 発送までにお日にちを頂く場合がありますことご了承お願いします。

お客様へ

「靴下のhacu」の製品は、日本国内でのみ生産しています。
現時点では受注及び出荷に影響はありませんのでご安心ください。
今後の動向で生産に影響があるようであれば、お客様に事前のお知らせさせていただきます。

また 政府からの休校措置とスタッフの安全確保のために、しばらくの間 お問合せは午前中のみの受付とさせていただき、
午後からのお問合せについては、翌日以降でのご回答及びご対応とさせていただいています。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解いただけますようお願い致します。

2020.01.17(金)

おおくぼひでたか hacuのくつしたで作るぬいぐるみワークショップvol.2

※満席となりましたため募集は終了いたしました

昨年12月の実店舗企画展「has」で大好評だった
おおくぼひでたかさんに教えてもらう
「hacuのくつしたで作るぬいぐるみワークショップ」を
会場を一宮のhacu実店舗(hacuATELIER2C)に移し開催することになりました!

開催日:2020年2月24日(月・祝)

場所:hacuATELIER2C
一宮市栄4-5-11Re-TAiL内 2階
アクセスについてはこちらをご確認ください

時間:13:00~ (2~3時間程度)

参加費:4000円(お茶+お菓子付)

持ち物:ハサミ、針や糸はおおくぼさんがご用意くださいますが 使い慣れたものを
お持ちいただいてもOKです

〇お子さんの参加も歓迎です
(低学年以下のお子さんの場合は保護者同伴でお願いします)
【申し込み方法】

①お名前
②携帯番号
③お友達と参加される場合はその方のお名前

を明記の上、hacuのインスタグラム、hacuATELIER2Cのインスタグラムのダイレクト、
もしくは info@hacu.jp まで件名に「ぬいぐるみワークショップ参加希望」と件名を
入れてお申し込みをお願いします。

先着順に確定させていただきますので
どうぞお早めに!

 

 

 

 

2020.01.09(木)

ペパニカワークショップ参加者募集!

一宮のhacuのもう一つのお店、
hacuATELIER2C(ハクアトリエニーシー)から
ワークショップ開催のお知らせです。

アコーディオン専門修理・調律師である
岡田路子(おかだみちこ)さんに
紙で作る手のひらサイズのアコーディオン
ペパニカ」を教えていただきます。

ペパニカは1つで1音のみとなります。
”ドレミファソラシド”を全部作ってそろえると
ハンドベルのように演奏を楽しむことができます。

紙を折って ハンコを押して作る 自分だけの
小さなアコーディオン♪
ペパニカが完成したら参加者さまみんなで簡単な演奏をしてみましょう~

こちらのワークショップの参加者を募集します
ご応募お待ちしています。

日時 2/2(日)

①10:00~
②13:30~

所用時間は2時間~2時間半くらいです
各回6名程

ペパニカの対象年齢は12歳からですが
親子で参加ご希望の場合、普段から工作をしているお子さんですと
8歳前後から参加可能です

会場:hacuATELIER2C
愛知県一宮市栄4丁目5-11 2階

参加費:3800円(お茶とお菓子付)

持ち物:エプロン(ボンドとハンコを使用しますが無くても大丈夫です)
ご予約はインスタダイレクトか
info@hacu.jp
まで、
「ペパニカWS希望」
として下記の内容をお送りください

先着順にお席を確保させていただきます
.
. ○お名前
(お友達とご参加の場合はその方のお名前もお願いします)
○携帯番号
○希望時間①or②

ご応募お待ちしております~

2020.01.01(水)

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

ご家族みなさまで穏やかなお正月をお迎えのこととおもいます。

昨年はたくさんのお客様に hacuのオンラインショップをご利用いただきまして

ありがとうございました。

本年もこつこつと靴下に向き合ってまいりますので

引き続きhacuをご愛顧いただけますようよろしくお願いいたします。

 

尚、1/6まで年末年始のお休みをいただいています。
お休み中にいただいていますご注文は
1/7より順次手配させていただきます。
ご了承お願いいたします。

実店舗の営業は下記の通りとなります
●江南店
12:00-16:00
1/12(日)初売り・・hacu袋(23/25・25/27のみご用意しました)
23(木)
24(金)

●一宮(hacu AYRLIER 2C)
11:00-17:00
1/13(月・祝)初売り・・店内商品10~20%オフ(1日限り)
18(土)
19(日)
25(土)
26(日)

 

 

2019.12.26(木)

年末年始休暇のおしらせ

誠に勝手ながら、
12/28(土)~1/6(月)まで
冬期休業とさせていただきます。

休業中もご注文は受付けておりますが、
出荷業務及びお問い合わせの返信等は
休業明け1/7以降に順次対応させていただきます。

年内発送最終は12/26午前中までに
ご注文&ご入金確認できた方までとさせていただきます。
品代金をお振込みでご希望される場合は、ご入金が確認できないと商品発送ができませんのでご注意ください。

2019.11.21(木)

has hacu amunuu soso企画展②

 

おおくぼひでたかさんとの出会い

はじめてお会いしたのは 今年の森道市場でした。
森道市場は 愛知県蒲郡市のラグーナ一帯で開催される大きなイベントでして
こちらにhacuは出展をしていたわけですが
そこにおおくぼさんも ライブペインティングやワークショップで
出展されていました。
休憩時間にうろうろと他の出店者さんにご挨拶しながら廻っていたときに
目に飛び込んできた
「ペットの絵描きます」の張り紙。

 

どんな絵なんだろうと覗いてみたらなんとまぁ、何とも言えない
表情、色合いで描かれた絵に 一瞬で魅了されている私がいました。
数名のお客さんが スマホの中のペットの写真を探しながら
わくわくしながら描きあがる絵を待ってみえました。
休憩の終わりを気にしながらも わたしも!と2匹の愛猫の絵を描いていただくことに。
出来上がりを見て、きゃー!
うちの子たちが絵本の主人公になったようなうれしい
気持ちで大切に持ち帰って自宅に飾って眺めています。

素朴で シュールで 表情やしぐさがおどけていて
くすっと笑ってしまうんだけど 愛おしくてたまらない。

 

↑こちらは先日京都(cozyca products HIRAETH)で開催されたおおくぼさんの個展の様子です。
2020年のカレンダーの原画展と たくさんのネコの絵(ハガキサイズ~)の展示販売。

↑風景や人物の絵も素敵です。

たくさんのイラストの中から 我が家のネコに似た絵を持ち帰りました。

 

 

おおくぼひでたかさんって どんな人なんでしょう?

 

おおくぼひでたかさんのプロフィール。

ロックバンドtobaccojuice
http://www.tobaccojuice.info/
のリーダー、ギタリストとして2003年にメジャーデビュー。
サマーソニック、RSR,RIJなど
大型フェスへの出演ギターの他に作曲とアートワークを担当。
2011年
バンド活動休止後、古着やフェルトを主に使ったぬいぐるみの制作を突如開始。
ワークショップを多数開催し、新宿伊勢丹、銀座三越など大手百貨店での販売、
サンフランシスコ、ニューヨーク、マニラ等海外展示も好評を得る。
2012年 飼い猫の健康を異常に気にし始め、猫ごはんの手作りを始める。

2012~2017 家にひきこもりずっと絵を描く。

2017年 ワイゼンボーン、クラシックギターを使ってソロの音楽演奏活動を開始。

2018年 銀座煉瓦画廊にて個展「LOVE LETTER」を開催。
著作 ぬいぐるみの作り方本
おおくぼひでたか『どうぶつぬいぐるみ~ちょっと不思議なかわいい世界~』(文化出版局)

 

え?ぬいぐるみ作家、ギタリスト、イラストレーター?
なんだかすごいんですが・・
いろんな顔を持つ おおくぼさん自体にとても興味があります!
インスタグラムやサイトも是非みて下さい。

HP https://aoimonaka.portfoliobox.net/

絵 https://www.instagram.com/okubohidetaka/

音楽 https://www.instagram.com/okubohideta/

 

ネコとギターとくつしたと。

おおくぼさんには 今回のhacuでの展示のタイトル
「ネコとギターとくつしたと。」
に、ちなんだ絵や作品の他に
hacuからお願いしたいろんな紙片や箱、hacuの資材やタグなど様々。
殊に、イギリスの1800年代のバンクペーパーに描いていただく
おおくぼさんの絵がたまらなくたのしみなのです。
おおくぼさんのインスタグラムに 制作の経過もUPされていますので
ぜひのぞいてみてください

おおくぼひでたかさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/okubohidetaka/

 

その他 おおくぼさんの絵を靴下にプリントしたり、
人気のお菓子作家「粉灯(ことう)」さんの
お菓子やシュトレンを詰めた特別なBOX。
そのBOXにおおくぼさんが手を加えて特別なひと箱に仕上げてくださいます。
お菓子を食べ終わった後は 宝物入れにしたり飾ったりもできます。
わたしたちも出来上がりがたのしみで仕方ありません!

 

 

ワークショップも開催

 

会期中におおくぼさんが在店してくださる日程に合わせて
くつしたで作るぬいぐるみのワークショップを開催します。
(参加希望の方はhacuのインスタグラムから詳細をご覧ください)

また各地のイベントで大好評の
「ペットの絵描きます」も下記の日程で随時開催しますので
ぜひお越しください。


ペットに限らず大切にしているものも描いてくださるそうです。
こちらは当日先着順受付となります。

12/7
12/8 午前中のみ
12/14

上記の日程には都合が悪いけど 描いてほしい!という方がみえましたら
事前受付もいたしますのでお問い合わせくださいませ。
こちらも詳しくはこちらをご覧ください

has開催中は靴下も購入いただけます。
が、おおくぼさんの作品展示をたのしんでいただきたいので
いつものようにたくさんは並べておりません。
お声かけいただきましたら すぐにお出しできますので
お気軽にスタッフまでお申しつけください。

それでは・・スタッフ一同みなさまのご来店心よりお待ち申し上げております。

has hacu amunuu soso企画展①を読む

 

 

2019.11.11(月)

13回目の11月11日 

本日hacuは13周年を迎えました。
2006年から一人でスタートさせた「hacu」というブランド。
5人の頼れる運営スタッフに恵まれ、また惜しみなく力を貸してくださる
協力ニッターさんのおかげで今日という日を迎えることができました。
そして私たちが生み出した製品はその先にいらっしゃる
お客様に履いていただくことで 応援をしていただいたおかげで
今日があることをあらためて胸に刻みました。

いつも本当にありがとうございます!

昨今の靴下生産業が直面している さまざまな問題に
明るい未来があるのか、正直悩みは尽きませんが
また14年、15年と続けていけるようがんばってまいりますので
引き続きhacuをご愛顧いただけますよう よろしくお願いいたします。
毎年恒例の年に一度の送料無料キャンペーンは
11/11夜20時スタート
11/13お昼12時まで開催です。

是非この機会にご利用を頂けたらと思います。

最後に

いつもチームhacuの頭脳となり
共に運営を支えていただいているHさんにこころからの感謝を。

hacuスタッフ一同
代表 中村美穂

2019.10.18(金)

くつしたを作ることで できること。

東日本に甚大な被害をもたらした台風19号。
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

日ごとに寒さ増す季節になりました。
10/1に2019年秋・冬の新作第1弾を販売開始させていただき
たくさんのお客様にお届けできましたこと
大変うれしく思っています。

 

その中で、大変好評をいただいています
はしもとなおこさんとhacuのコラボレーションソックス
inu to osanmpo(いぬとおさんぽ)
neko to ribon(ネコとリボン)

 

  

 

 

 

昨年にはしもとさんと初コラボした際に 次は動物シリーズでリリースしたいですね~、と
ゆるい約束をしたのですが はしもとさんが早速素敵なデザインを仕上げてくださり
トントンと話が現実に、ニッターさんにもご協力いただき
この度の販売へと繋がりました。

 

丁度このいぬとねこの企画を練っているときに わたしは一冊の絵本に出会いました。
すでに知っておられる方もたくさんおられると思いますが
78円の命」という絵本です。
この本は愛知県豊橋市の当時小学6年生だった谷山千華さんが
2012年に書いた作文で、猫の殺処分のこと、それにかかる費用、など淡々と行われる「処分」という現実を
知り、感じたことをかかれたことが原作となっています。

動物愛護法の改正から7年、犬猫殺処分ゼロのスローガンを掲げ、達成した自治体もあり
今では多くの方が関心の目を向けるようになりました。
しかしながら 殺処分を逃れた動物たちが保護団体のシェルターや施設で
飽和状態であることも問題視されています。

人間と動物が幸せに暮らす社会の実現に向けて
わたしたちが日々の暮らしの中で できることは何なのか、
いぬ、ねこの靴下を作ったこと、そのタイミングで絵本に出会って
命について考えたこと、コツコツと支援できることとして
「78円の命」プロジェクトに 寄付できないかと連絡をしたところ
現在はプロジェクトの活動は絵本を発行したのちは 窓口を閉じられたとのことで
できるなら 豊橋市のとある団体へお願いできないかと返答をいただきました。

正直どこに支援をしてよいのかわからなかったので
具体的に教えていただけ ようやくみなさまへ ご報告ができます。

inu to osanmpo(いぬとおさんぽ)
neko to ribon(ネコとリボン) 2つの企画の商品の売り上げの一部を年度末に寄付いたします。

小さな積み重ねですが永続的に支援できたらと考えています。

お届けしたみなさんが いぬ、ねこの靴下をどんどん履いて 笑顔になれるよう、
そして 一匹でも多くの動物たちが幸せに生きている姿を想像して。

1 / 2112345...1020...last »
Copyrights (C) レッグニット中村 All rights reserved.